株式会社アートアートのオフィスリノベーション

トップページ > オフィスリノベーション事情 > 感染症対策の為のリノベーション

感染症対策の為のリノベーション

感染症対策の為のリノベーション

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、オフィス環境を見直す企業が増えています。簡易的なものでは、デスク間に飛沫感染防止のための間仕切りや、ウェブでの会議・打ち合わせの導入、出社のローテーションを組んで密を避けるなど、様々な対策がされています。
少し手間をかけられる企業では、出社人数の削減に伴い、各々に割り当てられていたデスクからフリーアドレスに変更して各自でソーシャルディスタンスを確保する、使用する機会の減った会議室を縮小するなど、様々な例が見受けられます。

しかし、窓の位置や大きさによって換気が十分にできない、そもそもオフィスが狭くソーシャルディスタンスを十分に確保できない、などといった問題を抱える会社もあります。特に、金銭的にも対策を講じるのが難しい中小企業でそういった悩みを抱えるケースが多く見受けられます。リフォームやリノベーションには費用だけでなく時間もかかるため、工期の間の仮オフィスをどうするかという問題もあり、なかなか踏み切れないようです。

空気清浄機の導入や空気の循環、手洗いうがいの徹底など、できることをしていても不安は尽きないもの。そんな中で次に目を向けてみたいのが、抗ウイルス・抗菌の素材です。

壁紙を「ウイルスを不活化する機能」「細菌の繁殖を抑制する機能」などの抗ウイルス・抗菌仕様のものに張り替えたり、ひとが触れる機会の多い場所・家具・床などに光触媒コーティングを施して除菌・消臭・防汚対策をするなど、工期や費用を抑えてできるプラスアルファとして魅力的ではないでしょうか。特に壁紙は、購入して自分で張り替えることもできるため、手間はかかりますが費用をグッと抑えられます。

ストレスフルな状況の中で少しでも安心して職務に励めるように、無理なくできる対策を講じてみてはいかがでしょうか。